31
2017
03

みんな新しい表――fp尊納の「歴史陀はずみ車」

 1957年生まれのフランスマルセイユ時計師フランコ瓦.ポール.尊納(Fran C ois-Paul Journe)は代表になる壇の最も影響力の時計師、彼の作品はそれぞれ3項2004、2006、2008年に、腕時計界のアカデミー」――ジュネーヴ時計大賞(GPHG)の最高賞「金針賞」。まだ4項を獲得作品それぞれ2002年審議団特別賞、2003年ベスト男装表賞、2005年ベスト男装表賞、2010年の複雑な腕時計賞(紹介文リンク)。そして2010年以来、何の大きな動きも見てないようにしているようです。今年のじゅう月、大師が発表した彼の最新作「歴史陀はずみ車」(Tourbillon Historique)、限定9枚の記念として、自分の1983年すべて手作りの初陀はずみ車装置懐中時計登場30週年。どうやら過去二、三年で、尊納大師はずっと研究に沒頭するどのように複製当時この傑作。

30
2016
08

モンブラン円筒糸遊陀フライホイール110週年記念の懐中時計

110週年を祝うブランドが誕生し、Montblancモンブラン選択は2項の唯一無二の時計の傑作をたたえ、太平洋を横断の快挙と至極正確、開拓進取精神、限定発売するはちだけのMontblanc Collection Villeretモンブラン維ライエルシリーズTourbillon Cylindrique Pocket Watches 110 Years Edition円筒糸遊陀フライホイール110週年記念限定はち懐中時計。

一世紀前を航海を海の革命的航海鍾のように、これらの非常に価値を収集のモンブラン限定版に優れた性能と美しい時計技術開拓高級タブの新しい領域を手彫り、手描き模様や大明火エナメル見せ伝統工芸の完璧レベル、モンブランは細工が巧みでの傑作を表出ブランド158年のトップタブ伝統と革新的な精神。

05
2016
08

パワーリザーブを飛躍的に伸ばす新技術を公開

 

ミシェル・パルミジャーニ氏が立ち上げたマニュファクチュール、パルミジャーニ・フルリエは創立20周年を迎える。この記念すべき年の新作発表で発表されたのは、従来のゼンマイを数週間に伸ばす研究開発中というムーブメントだった。エスペラント語で、“永遠”を意味する「センフィネ」と名付けられているという。

航空宇宙産業で用いられる特殊な弾力素材により、あまねく脱進機のパーツを製造する。脱進機の形態は、懐中時計の時代のグラスホッパー脱進機とし、非常に細かにテンプの振動を制御する。しかし、パーツ同士の摩擦を低減させ、パーツそれぞれも弾性を発揮することで、パワーロスが極めて小さく、パワーリザーブの時間の延長を図れるという。現在、プロトタイプにより、耐衝撃性や温度変化への適応性の向上など実用化に向けての開発段階にあるという。

«1»