21
2017
04

スイス腕時計界投資家――サントス(Sandoz)家族基金

 スイス800万の人口を支えるトップヨーロッパ第ろく位(前5を徳法英意西)の経済規模は、主によってはこんな大きい業界:医薬、金融、食品(ネスレ集団)、機械、時計など。世界中医薬業界の上位5つの会社にスイスが両家は、それぞれ、ロシュグループ(Roche)と承諾する華グループ(Novartis)。そして承諾する華グループの重要な創設者のエドワードサントス(Edouard Sandoz)自分の子孫を殘したサントス家族基金は、スイス金融界を誇る有名家持分投資機構。医薬、観光産、印刷、文化芸術の産業、技術革新と新経済分野は非常に成功した投資経験。今日私たちをご紹介して家族で重点サントス時計分野の数筆重要投資。
まず相談のトップブランドの創始者は帕玛ジョニーミシェル帕玛ジョニー(Michel Parmigiani)。ミシェル1950年に生まれスイス汝拉穀町庫皮革(Couvet)、靑少年の時期それぞれ弗勒里耶(Fleurier)のタブ学校を紹徳封(ラChaux-de-Fonds)の技術学院や、力ロク(Le Locle)のマイクロアーキテクチャの機械技術学校、合計で七年の多いタブの科学と技術訓練。1976年、ミシェルに故郷の近くの弗勒里耶創立した自分のタブスタジオ、大手ブランド提供独立設計、スイス愛表、遊び表のスーパーの富豪提供骨董表の模造と修復できることによって、甚だしきに至っては伝わる図面あるいは明書をもう失われたアンティーク時計コピー現代版に出て。自分の若い頃創業段階、ミシェルは知り合いになったサントス家族ファンドの家元ピエール.蘭Dott(Pierre Landolt)。サントスとして家族第四代当主の蘭Dottもベテランプレイヤーの腕時計、委託ミシェル完成した多くの骨董品や時計の修復され、一部甚だしきに至っては時計を三百年の歴史。

«1»