19
2017
04

今年のfifa賞映画作品で有名な腕時計

 第71回fifa賞のほこりは結論に出る。筆者は最近になって初めて基本見終わっすべての受賞作品の一つとして、腕時計宝石で映画やテレビドラマ部分から集中して確かに非常に重要な役割を試み、今日は皆さんに表友を簡単に紹介してください。
今回のゴールデングローブ賞の受賞リスト:アルフォンソカロン『引力』で監督賞、『奴隷12年』で最優秀劇情片、『アメリカ罠』で最優秀音楽/コメディー、両影帝(劇情片と音楽/コメディー)がそれぞれ「ダラスバイヤークラブ』(港訳:続命梟雄)中のマシュー麦康纳とウォールストリートの狼』のディカプリオもぎ取る。2位はそれぞれ最優秀出演女優は『靑いジャスミン』のケイトブランシェットや「罠」のアメリカエイミーアダムズ。
言うべきアメリカ2013年の映画界は星がきらきら光って、佳片。fifa賞に反映され、帝後の競争は激しい。クリスティアンベル「アメリカ罠」中の表現とも言えるのに、また惜しまないイメージを覆す出演映画では体重増加ごじゅうキロ。ディカプリオから2005年「飛行家」はゴールデングローブ賞獲得影帝の後、「血ドリル』、『革命の道』、『フーヴァー』、『解放の江戈」4回ノミネートも受賞してい。今回の「ウォールストリートの狼』の中で、ディカプリオ火力を全開にしたり、セールス株に指導したり、ゆらゆらと従業員の声を詰まらせて、時には忆苦思甜たり、仁王立ち嘲弄工作、さらにリアルに出演した睡眠薬を服用して目が覚める脳過剰清が四肢硬直状態。今回の封帝といわれるが、殘念ながらに埋もれてしまったベルバットマンさんの演技。

«1»