27
2017
02

バーゼル時計展を展望オメガ新型腕時計の力を借り

 今振り返って見つめいち月に行われたジュネーヴ時計展で、彼女は徐々に近づく世界最大の国際時計の展示、三月で行われたバーゼル時計展。近年、多くのブランドはここでニュースと新製品の写真を発表することができます。その一つはオメガを提供しました、今回海馬シリーズ、超霸シリーズや星座シリーズのプレビュー。
オメガ新品超霸マークIIは1969発表バージョンは模型。当時、飛行士着オメガ超霸専門で時計を月面原版のあだ名は「表へ」。オリジナルバージョンのマークIIの採用のは手動でチェーン方式、内蔵のムーブメントをオメガ861。現代版はすでに更新、フォーマットと自動的に(ムーブメントの選択はオメガ同軸3330、シリコン糸遊、バランススプリングとホイルクロノメカニズム)、巧みな任務を執行カウントダウン、闇の中に光。
表に钮均冠とカウントダウンをみがき処理。複合板には3つの小フェイスは、それぞれ三時位置(さんじゅう分カウンタ)、六時時位置(じゅうに時間カウンタ)と、九時(小秒針)。タキの時にはならすの上で、鏡の材質は、サファイアの水晶を防ぐために。針は超夜光機能を持って。黒い文字盤版を持って白い漆中央クロノグラフ針;グレー文字板を採用し蛍光オレンジ指針や、分軌道。超霸マークIIの採用のは精鋼時計の鎖と特許の折釦。時計は防水深さ100メートル、そして4年の国際アフターサービスを提供する。

«1»