14
2017
04

李嘉誠をシチズンBM7250-56E、シチズン時計

 李嘉誠といえば我々も知って、1999年フォーブス評価全世界華人の富豪になって以来、彼は連続じゅうご年続けて華人の座。しかしとして億万の富を持つ大富豪は、李さんは人はよくかぶって腕時計はなかなか親民。李氏は、一般的な日本セイコーセイコーに、シチズン電子時計をしているという。
もとのセイコーはシチズンの運動の時計の腕時計に換えて、当時の電子時計の流行と関係がある可能性があるかもしれない。毎日、李嘉誠はぜひ見て10分か20分の英文のテレビだけでなく、さらにに、大声で言うと、「恐らく落伍」。以前、李嘉誠ニュースを見て好きな紙の版は、iPadを出た後、彼は電子版だけ見てる。彼は今iPhone携帯。このシチズンは一度旅行中3000香港ドルで購入しました。目測BM7250-56Eモデルは、公式のオファー3100円。

29
2017
03

シチズン時計は各種の腕時計を提供して消費の需要を満たすことを提供して

 技術と美の融合:腕時計は正確な時間とともに、ファッションや個性を表示し、装着者の生活の品位、価値観や性格。が、消費者によっての需要は、シチズン会社先進的な技術と東方の伝統の精緻な優しい美しさが巧みに結合させ、「技術と美の融合を消費者に提供する様々な腕時計、人々の生活を彩る。
シチズン時計
デザイン設計から、豪放な運動へ金優雅な正装項があり、さまざまな年齢層に、様々なタイプの消費者の需要。未来の科学技術の絶えず模索により、ロマン主義気持ちこめ、まさに愛人間の真心の心は、お知らせ。時が流れても、腕の間のシチズン時計は明らかに伴ってて気持ち、道のように心を引かれて初めてバインドたり、のように、小さなように恋人と絮説:ただ時間と愛を無にしてはいけない。

16
2016
07

「光と時」をテーマしたブラック&ゴールドの限定腕時計

 

シチズン時計は5月11日、同社のブランドを代表する腕時計である5つのコレクションから、黒とゴールドのカラーリングを採用した限定モデル「LIGHT in BLACK」を発表した。 光発電エコ・ドライブを象徴する「光と時」をテーマにしており、時の記念日である6月10日に数量限定で発売する。税別価格は50,000円~250,000円。

選ばれたコレクション(限定数/税別価格)は、「エコ・ドライブ サテライト ウエーブ F100」(2,000個/200,000円)、「シチズン アテッサ」(2,000個/140,000円)、「シチズン エクシード」(850個/250,000円)、「シチズンコレクション」(3,000個/50,000円)、そして女性向けに「シチズン クロスシー」(1,000個/100,000円)。シチズンが創り出す様々な時を、「エコ・ドライブ搭載」を軸に、機能も表情も異なる個性あふれる5モデルで表現したとしている。

«1»