04
2016
11

合唱団のドラマーのエリック・希格キスゲーラ苏蒂タブ工場見学

 ゲーラ苏蒂タブ工場を迎え1位の名声が高いの訪問者をアメリカ重金属ロックバンドKISS合唱団のドラマーのエリック・希格(エリックSinger)で、希格キスの合唱団ツアーマネージャーが多いグラム・マイク吉(Doc McGhee)に付き添われてゲーラまで苏蒂制時計工場。ゲーラ苏蒂社長古ッター・ウィガン(Gうさnter Wiegand)は彼らの到来を歓迎。
関係者の指導の下で、希格一行から始まったこの場タブ工芸の旅。ゲーラ苏蒂専門タブ工場は、ムーブメントの設計、工具の製造、生産、メッキパーツ、パーツの検出、研磨、組立、品質検査などの主要部門から構成して、希格全透明ガラスを通して現場まで観て時計師の好プレー、理解しましたゲーラ苏蒂タブ工芸独特の中身。工場見学の後、希格を訪れた一行はドイツ時計博物館やゲーラ苏蒂はドレスデンの逸品の店。
エリック・希格本人は腕時計ファンや腕時計専門家、収蔵瞭各種精密機械表。ゲーラを含む苏蒂の様々な既存のモデルやろくじゅうとななじゅう年代生産の早期モデル。時計の愛好者のひとりとして、希格見学にゲーラ苏蒂を瞭解して、精緻な生産プロセスについて待望。そのツアー中のキスから来た合唱団ベルリンプラハ、希格がわざわざへの途中でチェコ滯在ゲーラ苏蒂タブ工場見学。今回の見学は、希格ゲーラ苏蒂腕時計の生産過程より有益な理解。ゲーラ苏蒂オリジナルの歴史瀋殿、精密マシニストや時計職人たちに見せてくれる情熱や、ゲーラ苏蒂のシリーズの製品は更にに打たれた希格。信じて、今回の腕時計世界の旅の後、ゲーラ苏蒂また一人の忠実なファン。

«1»