11
2017
02

ロレックスロレックスF1上海素晴らしい試合を楽しむ

 Rolex(ロレックス)熱烈慶祝とFormula1®3年連続の協力のパートナー関係を明らかに示して、さらにロレックスブランドの冒険精神、優れた技術、および技術の限界に努めて強い意誌を突破。高度な技術で性能とトップの専門知識と技術で、ロレックス時計業界やモータースポーツ世界に挑戦し続ける極限。
ロレックスとモータースポーツとスピードの緊密な連絡遡ると二十世紀30年代で、ロレックスとFormulaいち®のグローバルパートナー関係を展示したロレックスは独特な考え方、絶えず設計の中で完璧を求めて、極力トップ絶好の品質と性能を提供する。ロレックスカキ式シリーズの腕時計はこの革新力の最高の証拠を示す声望信用と正確に高レベルの工事の技術の信頼性。Formulaいち®は素晴らしい刺激の新しい時代に足を踏み入れるレース、各チームが開発した高性能レースが多く、この方面で、ロレックス腕時計は持ち合い。

20
2016
07

さらなるスペックアップで雄姿に磨きをかける

 

1953年の誕生以来、ロレックスを代表するダイバーズウォッチとして成長を遂げてきた「サブマリーナー」。その進化はとどまることなく、2010年の今年は、あらたにリニューアルされたステンレススティール製の「オイスター パーペチュアル サブマリーナー デイト」が登場。安定性と防水性、耐食性を誇り、40mm径のステンレススティールケースはラグなどのディテールをはじめ、より頑強なデザインとなった。

もっとも注目すべきところは、回転ベゼルに傷がつきにくい素材であるセラクロムを採用し、耐久性が大幅に増している点。写真のモデルはグリーンゴールドと呼ばれる、あたらしいダイヤルカラーに合わせたグリーンセラクロムベゼルを採用。耐久性ばかりではなく、コーポレートカラーを用いた色味を取り入れることで鮮やかな美しさをも確立させている。

30
2016
06

ロレックス補修メンテナンス作業の各段階の検査過程、非常に厳しい

 ロレックス/帝の舵腕時計は最終的には消費者の前で、補修作業の仕事のすべての段階の点検過程はすべて厳格な品質テストを経過して、十全を確保することを確保する。最終測定段階、製表師は依然として生産規則に従い、最後に1度は腕時計の動力の備蓄、時計の精度と全体の外観を検査して、各方面はすべて最高品質レベルに達することを確保することを確保する。また、修理の後、顧客のロレックスの腕時計は2年のサービスを得ることができます。ブランドの自信はグラフではありませんが、ロレックスは、各腕時計の卓越した耐久性を確保しているということです。

«1»