17
2019
08

新作 魚眼レンズを備えた伝説のクロノグラフが復活。グラハム「ソードフィッシュ」

魚眼レンズを備えた伝説のクロノグラフ「ソードフィッシュ」が2019年バーゼルワールドにてグラハムより登場しました。

 グラハムが初めてソードフィッシュを発表したのは、2004年に開催されたバーゼルワールド。存在感のある46mmケース、2つのサファイアクリスタル製“魚眼レンズ”をもつ大胆で個性的なデザインのクロノグラフは、正にソードフィッシュという名にふさわしい風貌の持ち主で、当時の時計業界においてとても話題性のある特徴的なデザインでした。

17
2019
08

新作 創業35周年を記念したモデルに2019年の2つの新色「フライング・グランドレギュレーター限定モデル

 クロノスイスより、2019年新作モデル「フライング・グランド レギュレーター限定モデル」が登場。ベースとなるのは 2018年に、クロノスイス創業 35 周年を記念して製作された3次元ダイアルを鮮烈なカラーで仕上げたモデルです。この限定モデルに2019年は発色が鮮やかで美しい「イエロー」、ギョーシェ彫りの繊細な模様を引き立てる「グレー」の 2種類の新色が加わりました。


ビビットイエロー&スタイリッシュグレー

  複雑なダイヤルデザインを持つ多層構造で構成されたフライング・グランドレギュレーター。ダイアルベース面はクロノスイスの職人が手作業で仕上げたギョーシェパターンで装飾され、その上の第2階層には分表示の外周サークルが、そして第3階層には上下に並んだ時・秒表示サークルへと段階的に続いており、まるで浮き上がったような多層構造がフライングと呼ばれる所以です。

17
2019
08

オーデマ ピゲがアート・バーゼル香港2019でフェルナンド・マストランジェロによる2年間のコラボレーションデザインを発表

オーデマ ピゲが、アート・バーゼル香港2019のコレクターズラウンジにて、ブルックリンを拠点に活動するアーティスト、デザイナーのフェルナンド・マストランジェロがデザインを手がけた最新のラウンジを発表しました。スイス・ジュラ山脈に位置するオーデマ ピゲの故郷を想起させる没入型デザインは、アート・バーゼル 2019の香港、バーゼ ル、マイアミビーチの各会場で展示される予定です。

 マストランジェロは塩や砂、セメントなど身近な素材を用いてアートとデザインを融合した彫刻オブジェでその名を知られています。“The Vallee(渓谷)”と名付けられた新たなラウンジコンセプトを訪れる人々は、スイス高級時計の揺り籠と呼ばれ、オーデマ ピゲが1875年の創業以来本社を置くジュウ渓谷の世界を体感します。自然を脱構築、そして再構築し、時間の地質的発現と戯れることで、マストランジェロは過去と現在を対話させ、オーデマ ピゲの職人技とまさに共鳴するように、自然が持つ純度と時の経過を深く結びつけているのです。

16
2019
08

ブライトリング アビエーター 8 B01 クロノグラフ 43 カーチスウォーホーク

アビエーター 8 B01 クロノグラフ 43 カーチスウォーホークでひときわ目を引くのは、ミリタリーグリーンのマットダイヤル。ムーブメントは、約70時間のパワーリザーブを誇るブライトリング自社開発製造キャリバー01で、12時間積算計、30分積算計、そしてスモールセコンドという3つのシルバーのサブダイヤルと美しいコントラストをなしています。

この印象的なクロノグラフはまた、アラビア数字とインデックス、そして実用的なレッドポインターが施された両方向回転ベゼルを装備。時針・分針とダイヤルのアラビア数字にはスーパールミノバ®蓄光塗料が塗布されており、どんな明るさでも読み取りやすくなっています。COSC公認クロノメーターのステンレススチールケースは43ミリ、ストラップはミリタリーグリーン。防水は10気圧(100メートル/330フィート)です。

16
2019
08

航空界のレジェンドを記念したブライトリングの新作3種

ブライトリング アビエーター 8 カーチス ウォーホークの新作3 モデルは、名高いアメリカの航空機メーカーと、同社の最も有名な航空機カーチス P-40 ウォーホークへのオマージュです。P-40ウォーホークは1938 年から1944 年にかけて製造されていました。2 種のクロノグラフのうち、1種にはブライトリングの自社開発製造キャリバー01 ムーブメントを搭載。魅力的な3 針モデルと足並みを揃えた発売です。

ブライトリングのジョージ・カーンCEOは、次のように語っています。「カーチス・ライト社がP-40ウォーホークを製造していた頃、ブライトリングと社内のスペシャルチームであるユイット・アビエーション部門は、英国王立空軍(RAF)などの空軍向け航空機用オンボード計器を製造していました。このパートナーシップとこれらの素晴らしい新作モデルは、ブライトリングにとって航空分野の遺産の重要さを再確認するモデルと言えます」

16
2019
08

【タグ・ホイヤー】ブライダルフェア「タグ・ホイヤー WEDDING STYLE」

タグ・ホイヤーでは、2019年3月9日(土)から5月12日(日)まで、ブライダルフェア「タグ・ホイヤー WEDDING STYLE(ウエディングスタイル)」を全国のタグ・ホイヤー正規販売店(*)で開催します。

 

結納返しや、結婚記念など、ウエディングギフトとして期間中にタグ・ホイヤーの時計をお買い上げの方に、スペシャルサービスとして「幸せを贈るブライダルボックス」「幸せを刻む刻印サービス」をご用意しています。ほか抽選で250名様に、国内ホテル宿泊やレストランでのお食事が選べるカタログギフトが当たるキャンペーンを実施します。 さらに、「タグ・ホイヤー 銀座ブティック」、「エスパス タグ・ホイヤー」をはじめ、タグ・ホイヤー直営店だけの限定サービスとして、期間中お買い上げの方に「幸せカラーのピンクシャンパーニュセット」をプレゼントします。

15
2019
08

Rong Hansi Max Billハイエンドの美学の新しい時計の解釈

メーデーの到来で最も美しい4月の日、中国の土地は徐々に4月の旧暦の初夏の季節に入りました。明るい日差しは予定通りであり、人生でもっと良いことがあるようです。 「ドイツの例」ユングハンスユンハンスの最新のマックスビルハンダウフズグメンズウォッチとマックスビルダーメンレディースウォッチテーブルの選択。

時計フランクミュラーコピーの歴史の中で、数え切れないほどのデザイナーが技術と美学の完璧な統一を追求しています。 1950年代、スイスのデザインマスターであり、バウハウスの学者であるマックスビル、バウハウスの「フォーム服従機能」デザインコンセプトは、予想外の結果を達成するために時計で使用できます。 1961年以来、マックスビルはバウハウススタイルの時計をデザインしており、実用的で美的な価値の組み合わせを重視しており、ユンハンスのクラシックなマックスビルが誕生しました。コレクションは明るく、全体的に極薄のムードに満ちており、ダイヤル番号はマックス・ビルのオリジナルのバウハウスのフォントで、シンプルで丸みを帯びており、特定の曲率の凸状の曲率により、フィギュアはどの角度からも変形しません

15
2019
08

ジャガー・ルクルトのブランドの新しい2翼ステレオ二軸トゥールビヨンムーンフェイズ時計

Jaeger-LeCoultreのDuométreSphérotourbillonMoon双方向ツインアクスルトゥールビヨンムーンフェイズウォッチは、時計製造の限界を打ち破りました。重力であろうと位相誤差であろうと、時計に影響を与えることはありませんが、パネライコピー複雑な機能が作動しても、時計は精度を維持できます。この時計は、独特の個性を持つ群衆から際立った卓越したカレンダー複雑な機能を備えています。この時計は、正確なムーンフェイズ機能を備えたクラフツマンシップの結晶であり、伝統的な天文学的知能の長い歴史とジャガー・ルクルトの無限の創造性と完全に組み合わされています。

15
2019
08

ムーンフェイズ機能リバイバルブランパンムーンフェイズファミリーウォッチ推奨

その「消費者と明るい」特性により、スーパーコピー時計月は中国文化における「成功した生活と家族の再会」の要求と一致します。 同時に、「月の欠如と月の澄みがある」、人生の軌跡はまた、月の満ち欠けの連続的な変化、浮き沈みの知恵と富を収穫するようなものです。

        実際、ムーンフェイズ表示は埋もれていた複雑な機能であり、1980年代初期にブランパンによって再解釈された後に生まれ変わりました。 当時の「クォーツストーム」の下で、それは時間に対する敬devな信仰、時計製造への心からの愛、そして最高のパフォーマンスを発揮するブランパンの能力でした。 スイスのトップウォッチのルネッサンスの幕。 柳の形をしたポインターのユニークな形状、エレガントなローマ数字のアワーマーカー、表情豊かなムーンフェイズディスクは調和して共生し、世代の古典的な遺産とブランパンの永続性と時間に対する信念を記録します。

14
2019
08

優雅でありながら、あくまでも“計測機器”であることを重視

 

テンレススチールケース&ブレスレット。直径42mm。20気圧防水。自動巻き。フォルティス旗艦店「FLB(フロント・ライン・ベース)」のみで販売
スイス空軍「C-7チーム」は、フォルティスの腕時計を12年以上に渡って装備してきた、スイス空軍の精鋭アクロバット飛行部隊です。2019年、チームは創立30周年を迎えます。

伝統的なパイロットウオッチを製作する独立したメーカーのフォルティスは、PC-7との長年の関係性とその活躍に敬意を表し、300本限定の記念クロノグラフを製作しました。開発段階からPC-7のパイロットたちにも参加してもらい、計時と正確さという点を大前提にしたミーティングを幾度も行ったということです。優雅でありながら、あくまでも“計測機器”が重視されたのです。

14
2019
08

王妃もブレゲも亡くなった後に完成した「NO.160」

1747年、スイスのヌシャテルで生まれたアブラアン-ルイ・ブレゲは、母親の再婚相手が時計師だったことが縁で、一般の学校 を退学し、15歳でパリ・ヴェルサイユの時計職人に弟子入りします。

めきめきと力をつけていったブレゲは、1775年にブルジョワ出身のセシルと結婚。その持参金をもとに、時計工房が集まるシテ島に工房を開きます。そして最初に成し遂げた偉業が、自動巻き機構「ペルペチュエル」の実用化でした。

ブレゲの名は一躍世に広まり、フランス王ルイ16世や王妃マリー・アントワネットにも謁見。ゴング式リピーターを開発して納めると、美しい音色が王妃を魅了し、新たな懐中時計の注文を受けます。

14
2019
08

レディスウオッチ開発が新機構誕生のきっかけに

 

「フライングトゥールビヨンの開発は、ロイヤル オーク コンセプト初のレディスウオッチを念頭に置いたものでした。この記念すべき時計のデザインには、トゥールビヨンのブリッジという制約を取り払う必要があったのです」(オーデマ ピゲ グローバルブランドアンバサダー クローディオ・カヴァリエール氏)

これまではトゥールビヨンのキャリッジをブリッジで支える構造があれば、オーデマ ピゲのあらゆるデザインが成立していたわけです。

13
2019
08

フュルステンベルク・ポロカップ

2015年9月、伝説のフュルステンベルク・ポロカップでフォルティスがオフィシャルタイムキーパーを務めました。6つのインターナショナルチームがしのぎを削る白熱した3日間で、観客たちは騎手と馬とが繰り広げる妙技に大興奮でした。

ショーが終われば、観客たちは特設テントでフィンガーフードや冷たいドリンク、さらに宝飾品やギフトが振る舞われます。政界、経済界からのゲストに交じって、フォルティスCEOマクシミリアン・スピッツィもイベントに出席しました。

13
2019
08

フォルティスのフリーガープロ クロノグラフを腕に初飛行へ

パラグライダーパイロットのイワン・クリストフと熱気球パイロットのローゼン・カサボフは、二人ともフォルティスのファンであり、フォルティスの新作フリーガープロ クロノグラフを腕に着けて熱気球の係留飛行に挑みました。時計はBistrica A.I.R. Showの公式タイムキーパーに選ばれました。このイベントの間、イワン・クリストフと彼のチームは新しい緊急装備の実演を行い、どのようにして候補者に陸や空や水中でのボランティア救助の準備をさせるかを実証しました。このイベントはブルガリアの首都ソフィア郊外にあるヴィトシャ山で開催されました。 

13
2019
08

南アフリカプロラグビーチーム シャークスとフォルティス

 

ドイツではサッカー、アメリカではバスケットボールが人気ですが、南アフリカではラグビーが盛んです。ナショナルチームのスプリングボックスは、ラグビーワールドカップで優勝争いの常連です。メンバーのうち数人はスーパーラグビーやカリーカップの期間中、プロラグビーチームのシャークスでもプレーしています。シャークスの詳細についてはこちらをクリックしてください。

このたびフォルティスは、シャークスの公式パートナーを務めることとなり、さらにスーパーラグビーで100試合達成という金字塔を打ち立てた南アフリカ人プレーヤーに敬意を表して、記念モデルを発表しました。それがシャークス限定マリンマスター・クラシックです。

12
2019
08

ベル&ロス「BR 01 ラッフィング スカル」にダイヤモンドモデルが登場!

2009年のスカルブームの最中に登場して話題を呼んだ「BR01 スカル」。今年発表された「BR01 ラッフィング スカル」は、それを進化させた異色のモデルである。クル・ド・パリ仕上げが施されたケースの中央に浮かび上がる立体形状のリアルスカル。リューズを巻き上げた際にその顎が動きだす、オートマタの一種となっている。また、ベゼルやケースにダイヤを敷き詰めたタイプは、個性が際立つラグジュアリーウォッチに。腕もとに抜群のインパクトを与える1本だ。 

12
2019
08

フォルティスから話題のパイロットウォッチコレクションが発売開始

フォルティス初期のデザインで人気を呼ぶパイロットウォッチコレクション。その新作「コックピット・クラシック セコンド」は、“Bウォッチ”と呼ばれる、分表示を大きく外周に配した文字盤仕様が特徴で、薄型フラットケースの採用により着け心地も申し分ない。もう一方の「エアロマスターオールドラジウム」は、特徴の3Dダイヤルに、ヴィンテージ色の針と数字をセット。どちらも伝統的な航空時計が味わえる仕上がり。 

12
2019
08

創業者ゆかりの地・成城の「樫尾俊雄発明記念館」にG-SHOCK初代モデルが大集合

今年7月より、カシオ計算機の発明品を集めた樫尾俊雄発明記念館に、G-SHOCKの展示コーナーが新設され、一般公開がスタートした。館内の“時の部屋”では、世界初オートカレンダー付き腕時計「カシオトロン」などの歴史的作品を展示。今回これに初代「DW-5000C」のほか、「フロッグマン」「イルカ・クジラモデル」「ラバーズコレクション」の1号機といった名作が加わった。G-SHOCKの新たな聖地となりそうだ。 

2019最高級Nランクのウブロスーパーコピー通販です。当店のウブロコピーは、工場直売ですので、御売価格にて高品質な商品を御提供致しております。お問合せは担当 細田。https://www.noob2016.com/