03
2019
09

iOSユーザーはアップル腕時計に興味があります。今は買えません。

 投資機構Mizuoho Securitiesによって開始された市場調査によると、すべてのモバイルプラットフォームのユーザーグループの中で、iOSユーザーはスマートウォッチに対して最も興味が高く、アップルの自宅Apple Watchを含む。しかし、これはただの「趣味」です。今は急いで買うわけではないからです。これらのApple Watchに興味があるiOSユーザーは、少なくとも次世代の製品が発売されるまでは手に入れることを考えているという。
ミズホは1600人以上の回答者を調査したところ、約4分の1のiOSユーザーはスマートウォッチを買うと答えていますが、9~12ヶ月後です。回答者の60%は、今後2年以内にどのような腕時計を買うつもりはないということです。また、1/4の回答者は伝統的な腕時計しか選べないと答え、15~20%の人がスマート腕時計を買いたいと答えました。
回答者のフィードバックによると、Apple Watchを含めたスマートウォッチをすぐに購入していないのは、この産業はまだ初期段階にあると考えており、アップルのようなメーカーが今後数年以内にスマートウォッチ産業をより成熟させたいからです。これまでのニュースでは、2代目Apple Watchが来年のアップル春の発表会に登場する可能性が高いということです。

03
2019
09

Swatchは中国銀聯と連携して腕時計を支払うことができます。

 スマート腕時計の腕時計が流行している今日、伝統的な腕時計もブランドSWATCH(以下、中国語の名前を統一する)が正式に中国銀聯と交通銀行と連携して非接触式の腕時計を発売しました。SWAATCH BELLAMY(ベラミー)という新商品の名前は、スウィッチの典型的な多彩な配色を持ち、近視野支払い機能を備えており、新モデルの価格は580元である。
新しい表の名前はアメリカの作家エドワード・ベラミーから取って、1888年の作品の中でかつてクレジットカードでこの場面を支払ったことがあって、これも初めて今の生活の場面を描写するSF作家です。今回のスウィッチは初めての製品を中国に選んで、もちろん国内のカード決済の流行とスマート腕時計の発展にも注目しています。
具体的には、従来の腕時計の形をキープしていますが、内部にNFCチップが埋め込まれています。現在の成熟した入場通信技術と銀聯決済プラットフォームを通じて、腕時計で直接非接触カードで識別します。このような支払い機能は、埋め込まれた識別チップだけのために、追加の電力を必要としない。実際には、SWATCH BELLAMYの1つはほぼ完全な銀行カードと同じで、認識方法だけを近接場決済に変更します。
具体的には、新型腕時計SWATCH BELLAMY(ベラミー)が、これから数ヶ月間、パートナーによって普及され、2016年1月に正式にスタートします。スウィッチ専門店以外に、交通銀行でもこの支払腕時計を買うことができます。その後、同腕時計はアメリカやスイスなどで先行発表される。

03
2019
09

新利器は500曲の曲を収容して、24時間全天候で追跡します。

 最近、TomTomはIFRA(ドイツ消費電子展)で、新しいスポーツ腕時計シリーズのTomTom Sparkを発表しました。これもTomTomスポーツ腕時計家族の「新全能メンバー」です。音楽再生と全天候の運動追跡機能をセットして、心拍モニタリングを内蔵して、全方位に運動をコントロールさせます。簡単な設計で、まとわり合いを免除します。線が邪魔する。この10月に、TomTom Sparkを心を込めて聴いて、音楽体験をもたらして、全線でトレーニングの潜在力を引き出します。
500曲入りのスマート腕時計
TomTom Sparkには3 Gの記憶空間があり、500曲の曲を手軽に収納できるということは、携帯電話を捨てて、腕時計を通して好きな音楽を直接聞くことができるということです。もちろん、より良い音楽体験をするために、ブルートゥースイヤホンで音楽を聴くこともできます。私たちもMinistry of Sound(ロンドン最大の音楽Club)によって作られた30分間のハイテンションで、楽しく、情熱的なRunning Traxをプリロードしました。お気に入りの音楽はItunesやWindows Mediaからもできますか?Playerは気軽にSparkにダウンロードします。
音楽は運動成績の向上に重要な役割を果たしていますが、スマートフォンに依存するのは快適な体験ではありません。Sparkは追跡の過程を使用して、体のエネルギーを高めてもっと楽になります。これによって運動からもっと多くの驚きを得られます。
万能腕時計
TomTom Spark内蔵心拍数モニタリングは、心拍数帯を着用することなく正確に記録でき、多くの運動パターンを通じて、ユーザにすべての室内または屋外運動を監視させ、ランニング、騎乗、水泳、ランニングマシン、ジムの力トレーニングなど10種類以上の運動モードを含む。
24時間の全天候追跡
人は常に「動」の状態を保っています。ジョギング、ウォーキング、トレーニング、睡眠中にあっても、TomTom Sparkは歩数、運動時間、距離、カロリー消費、睡眠の質などから、24時間、全天候で追跡できます。毎日監視と毎週の目標を設定して、TomTom MySportsアプリを通じてリアルタイムで確認することもできます。TomTom Spark内蔵心拍数モニタリングは、心拍数帯を着用することなく正確に記録でき、多くの運動パターンを通じて、ユーザにすべての室内やアウトドアスポーツを監視させ、ランニング、サイクリング、ランニングマシン、ジムトレーニングなどを含む。

02
2019
09

ティソ競速シリーズMotoGP 2015限定版

 この腕時計はオートバイ自身からデザインのインスピレーションを探しています。例えば、ブレーキディスクのような時計の輪、バンドの裏側の胎の模様、バンドとケースがつながっているところに似た避震器の形をしています。さらに強烈な運動スタイルを見せているのは、三眼時計の機能圏にはそれぞれ30分のタイマー、セグメント化や累積時間を備えています。時間のタイマーと6時方向の小さい秒の輪は表示して、経典とはっきりしている設計はユーザーを更に使いやすくならせます。更に輪型の透明な表の後蓋を詳しく見て、装着者に精良なスイスのムーブメントの動作状態を鑑賞することができます。面盤の四角形の格の装飾と巧みなスタートの目盛りはSuper-LumiNova®材質の塗装の指針を組み合わせて、精鋼表ケース、黒いPVDコーティング透明表の後蓋とサファイア水晶の鏡面の傷防止材質は腕時計全体を最適に保護します。防水深さが100メートルに達する機能もあります。

02
2019
09

ティソ、新しい競速シリーズMotoGP 2015限定腕時計を発売しました。

 10月26日のニュースでは、クラシックは伝統の延長を表しています。スイスの時計専門ブランドのTissotティソはスポーツの世界に足を踏み入れてかなり深い歴史があります。タイムマシンの製造及び公式の指定タイムメーカーを担当しています。各スポーツ試合にずっと愛されているティソの時計は今年も新しい夢幻のモデルを発売しました。待ちに待った理想のモデル。
これは、控えめな内に集められた赤い黒いベルトと前衛的なケースを合わせて、重機要素が随所に見られます。ティソT-Race競速シリーズMotoGP 2015限定版は2015年の限定腕時計で、スポーツ専門の人のために作られた腕時計です。それを身につけると、まるで自分がレーサーであるかのように、ゴロゴロという坚固なエンジン音や、レース中の万馬ベンツ、そして高下のスピードと快感は自分で現場に临むようです。

02
2019
09

オメガは世界初の天文台を発売しました。

 スイスのビルオメガ(OMEGA)本部で開かれた記者会見で、オメガは正式に世界初の「至臻天文台表」を発表しました。これはオメガブランドの記念の一里塚を代表するだけでなく、腕時計業界に新たな品質基準を確立しました。
2014年、オメガとスイス連邦計量研究院(METAS)は、双方が共同で新しい腕時計認証プログラムを発売し、精度と性能テストと認証の新たな突破を実現すると発表しました。一年後の今日、認証プログラムはだんだん成熟してきました。オメガ本社が設立した新しいMETAS実験室で、オメガ星座シリーズのビッグ腕時計が正式に「至臻天文台表」の格付けを実現する最初の腕時計となりました。

30
2019
08

天才時計師フランク・ミュラー氏が降臨、その時計観を語る

時計に興味を持つようになったのは、6歳の頃、祖父からもらった1本の腕時計がきっかけでした。よくあるラウンド型でしたが、祖父は「これは絶対に壊れない時計なんだよ」と、言っていたんです。昔の時計は、ちょっとしたことですぐに壊れたものでした。インカブロック耐震装置を搭載した腕時計が作られるようになるのは1940年代ぐらいからなので、そういう時計ということだったんですね。

子どもだった僕は「何でこの時計は壊れないんだろう? 何でチクタクいうんだろう? どうやって時刻が表示されるんだろう? いろんなパーツは何のために、何の役に立っているんだろう?」と好奇心を抱き、その仕組みを理解したいと思うようになりました。

30
2019
08

クラシック パーペチュアル カレンダートゥールビヨン マニュファクチュール

 フレデリック・コンスタントが目指してきた、アクセシブルで良質な時計の頂点に当たるのが、2018年発表されたトゥールビヨン・パーペチュアルカレンダー・モデルだ。自社開発のムーブメントによる、複雑機能の実現に拍手を送りたい。その複雑機能を持つ時計を、この価格帯に投入した企業姿勢に脱帽した。自動巻き。径42㎜。SS(ローズゴールドプレート)ケース。アリゲーターストラップ。5気圧防水。268万4000円。お問い合わせ先:フレデリック・コンスタント相談室

スーパーコピー時計通販、最高級ブランド時計コピーは品質2年無料保証です。NOOB製スーパーコピー腕時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定してます。日本人経営の信頼できるサイトです。連絡先:050-4560-1404。
30
2019
08

【2018 時計グランプリ】IWC、ゼニス、ウブロ他、審査員の個人賞を全公開その2

1884年に登場した画期的なモデルの復刻というか再現モデル。2018年のSIHHで実物を見ましたが、余白を生かした文字盤はエナメルと見紛うほど上質なラッカー仕上げでホント~に美しく、モノとして素晴らしい出来でした。当時画期的だったデジタル表示はまったくもってモダンに映り、実に鮮度が高いです。部門賞を逃したのが残念!限定500本。手巻き。径45㎜。SSケース。アリゲーターストラップ。3気圧防水。250万円。お問い合わせ先:IWC

程よい大きさの腕時計がトレンドの一つになってきている中、こちらのモデルは程よい密度感とブレスレットからケース本体へのつながり感とダイナミックなベゼルが相まって存在感は抜群だ。重すぎず軽すぎず、上質なステンレスの塊感もたまらない。このデザインセンスはジラール・ペルゴの未来を提示していると思う。自動巻き。径38㎜。SSケース&ブレス。10気圧防水。153万円。お問い合わせ先:ソーウインド ジャパン

28
2019
08

マラドーナが上海にやってきた!

マラドーナは2日前にドバイで腎臓結石の手術を受けたばかりだった。それでも約束だからやってきた、と司会者がいった。

黒いスウェット姿のマラドーナが照れたように、パンツのポケットに手を入れたまま現れると、ディエゴ・コールと拍手が巻き起こった。主催者であるウブロのブランド・ディレクター、ロイック・ビバーから、マラドーナとウブロとのコラボレーション・ウォッチ第3弾「キング・パワーマラドーナ」を手渡されると、サッカーのキングは左手につけて、黒とアルゼンチン・ブルーの腕時計にキスした。黒とブルーの腕時計はもう1本用意されており、マラドーナは両手首につけて、満面の笑みを見せた。

28
2019
08

一段上の「セルフプロデュース」を学べるトークショーに25組50名をご招待!

『GQ JAPAN』ではビジネスマンの新しいセルフプロデュース術、“センスアップ”を後押しすべく、昨年秋の連載開始以降3回にわたってビジネス界のキーパーソンに、画期的な男性用総合コスメブランド「FIVEISM × THREE」を体験してもらいました。顔全体 / 眉 / 真夏のUVケアと3編の体験記事では、それぞれのビジネスシーンに適した好感度の上げ方をめぐって、具体的な提案をおこなってきました。 

28
2019
08

伝統のコードを守りながら現代的に進化を続けるタンクの最新作

S.I.H.H.(ジュネーブ・サロン)開催とともに、いよいよ今年のウォッチ戦線が幕を開けた。なかでもひときわ話題になったのが、カルティエの新作「タンク アングレーズ」である。

前作ディヴァンから10年ぶりの「タンク」の新コレクションであり、カルティエを代表するビッグ・ネームの新作だけに、カルティエとしても威信を懸けて自社製自動巻きムーブメント「Cal.1904MC」を搭載した。アングレーズは、その名のとおり、現行コレクションのアメリカン、フランセーズに次ぎ、英国を基調とした。

27
2019
08

「グランドセイコーには、絶対的な信頼感、安心感がある」竹野内豊

「ヴィンテージウォッチは、見ていて飽きない。でも手巻きなので、気づくと止まってしまう。その点、グランドセイコーの時計は何日使っていてもほとんど誤差がないので安心できます」

あるとき、偶然雑誌で、ヴィンテージウォッチを目にして、憧れを抱くようになったという。

「時計だけでなく、ファッションなどのデザインやクオリティは、1920年代から50年代頃が至高。このころにすべてが完成されていて、普遍性をもったものが多いと思います。だからか、どうしてもその当時の時計に心が惹かれてしまうんでしょうね」

27
2019
08

新素材を開発し、たどり着いた奇跡の色

シャネルと言えば「黒」と「白」。代表作であるJ12も、なるほどこのふたつを強調した時計である。今年、そのJ12に加わったのが「J12CHROMATIC」。写真を見れば分かるとおり、その色みは黒とも白とも、そしてグレーとも異なるものだ。加えてシャネルが「黒と白を揺れ動く」と述べたとおり、光の加減によって、その色みは自在に変わっていく。

このクロマティック、決してJ12の色違いではない。色ではなく、素材自体に手を加えることで、この色みを得たのがミソである。細かくいうと、クロマティックの素材は、従来までのハイテクセラミックではなく、チタンを配合したチタンセラミック。セラミックの頑強さに、チタンの色みを加えた、まったく新しい素材なのである。

27
2019
08

名門ジュエラーが目指す、時計界天空の頂き━━ティファニー

ギリシャ神話では、天空を背負う屈強なる巨人アトラスは、ティファニーではニューヨーク五番街でも、そして銀座でも、その肩に大時計を掲げている。1853年、NY本店玄関上に設置されて以来、アトラス クロックは、ティファニーの象徴的存在。1837年創業のアメリカを代表する宝飾ブランドが、時計をひとつのシンボルとしていることからも分かるように、ティファニーは早くから時計と深くかかわってきた。1866年には独自機構のストップウォッチ「ティファニー タイマー」を開発。1870年代にはジュネーブに時計専門の自社工場も建設している。
そんなティファニーの腕時計を代表するのが、1980年に誕生(日本では1983年からの販売)した「ティファニー アトラス ウォッチ」だ。その名のとおり、ブティックに掲げるアトラスクロックが名前の由来であるコレクション。ローマンインデックスが、コレクションを貫くデザインコードとなっている。ポリッシュとマット、ふたつの仕上げが織り成すコントラストで、豊かな表情を育むケースの仕上がりも共通項である。ギリシャ神話でアトラスが支える天空の形と同じ丸いクロックを踏襲したラウンドケースに始まり、1995年(日本では翌年発売)にはスクエアケースも仲間入り。今回紹介するのは、そのスクエアケースの新作である。

26
2019
08

人々がもはや天文学に言及しないとき、彼らは時計を持っています。

 

早い時期に、人間は月の動きに応じて時間の変化を記録しました。月の満月はまた、一年の異なる期間を表すために特定の名前で命名されました。モンブランは豊かな想像力と詩的な感情でそれに触発されました毎月の表示機能は排他的な名前に基づいており、その高度な複雑な機能の動きの研究開発センター-Villeret時計工場の最高の研究開発と時計製造プロセスに依存して、新しいBaoyu Yueyuanシリーズムーンフェイズ時計を作成します。

非常に洗練された複雑な機能としての永久カレンダーは、時間の起源に密接に関連しています。 1875年に時計工場が設立されてから、オーデマピゲの創設者の1人であるジュールルイスオーデマは、見習いの終わりに永久カレンダー懐中時計を製作しました。時計製造の歴史は素晴らしい始まりを刻みました。 1921年、オーデマピゲは、プラチナと18Kイエローゴールドで作られた非常に珍しい枕型の懐中時計を発売し、文字盤は独特の黒いアラビア数字で装飾され、装飾芸術の芸術を際立たせています。 1955年、オーデマピゲはRef。 5516パーペチュアルカレンダーウォッチシリーズは、毎年表示される時計と時計の歴史の中で最初のパーペチュアルカレンダーウォッチになりました。 1978年、クオーツ危機の中で、キャリバー2120/2800の自動巻きムーブメントが誕生しました。これにより、オーデマーズパイオニアが上流に進出し、オーデマピゲの独立した機械式時計業界での地位と業績が強化されました。 1984年、オーデマピゲは、ロイヤルオークウォッチの自動巻きムーブメントキャリバー2120/2800を初めて発表し、超薄型の自動巻きパーペチュアルカレンダーを初めて発表しました。今日、ロイヤルオークパーペチュアルカレンダーが登場し、伝説を書き続けます。

26
2019
08

スマートウォッチの方向は静かに変化しています

 

Liuの個人的な判断といくつかの製品のデザイン機能から判断すると、Appleはデザイナーの指導者および模造品になっていなかったようです。
まず、差別化された競争が激化しています。一部の人々が言ったように、スマートウォッチの本当の敵は伝統的な時計会社であり、スウォッチ、タグ・ホイヤーなどがスマートウォッチ業界への参入を発表しています。言い換えれば、スマートウォッチ機能の時代はもはや存在せず、各家族は、MOTO 360のデザインスタイルへのこだわりなど、スマートウォッチの普及前に独自のスタイルを形成する必要があり、Samsung Gear S2は機能的な好みから外観の革新に徐々に変化します。 。現在の観点から見ると、スマートウォッチは、携帯電話のような「動きの速い製品」のようなものではありません。一部の製品の熱い販売は、スマートウォッチの市場への扉を開くだけで、長い間ユーザートレーニングの段階にとどまります。将来的に場所を持ちたいウォッチャーは、独自の製品スタイルを形成する必要があります。より多くの製品がストラップに取り組んでおり、スマートウォッチの差別化された競争が始まったばかりです。

26
2019
08

MOTO 360 II:黒い面はまだブティックです

 おそらく、MOTO 360の第1世代に対するGoogleの賞賛のために、メディアは十分な花と拍手を送り、かつて最も人気のあるAndroidスマートウォッチになりましたが、実際の販売はApple Watchに匹敵することはまだ困難です。 MOTO 360の第2世代は、前世代のデザインスタイル、特に唾の底の黒いエッジを拡張しました。 ただし、MOTO 360の第2世代では、よりパーソナライズされたファッション要素が追加され、Apple Watchの42mmと46mmのサイズをエミュレートするだけでなく、300以上のマッチングスキームでより多くのストラップスタイルを提供します。 Liu Weiは、MOTO 360の第2世代はまだブティックであると考えていますが、Googleの影で、LenovoはMOTO 360が次のNexusになることを避けることができますか?