19
2020
05

NOMOSのメンテナンスと問題に関する基本的な説明

最初は、過去5年間に発生したさまざまなNOMOS障害の簡単な説明です。

    1.ノモスの着磁については、城内で販売されている約2000本のノモスのうち、着磁率は約5%です。もちろん、一部のお客様は磁化された後、私に応答しない場合があります。しかし、スイスの時計であろうとドイツの時計であろうと、すべてのブランドは透明である限り、絶対に磁化するのが難しい時計はありません。現在、私たちの生活環境では、帯電物がまったくない環境を見つけるために、近づくことのできない性質にのみ行くことができます。

    第二に、NOMOSのパワーリザーブは不十分です。この問題は2010年の終わりに城で発生し、2011年に発生した問題はピークに達し始めました。主な問題は、ギアの伝達効率が低すぎるために、ヒステリシスとパワーの減衰が発生し、フルチェーンから36時間を経過するのが難しいことです。特定の構造が解体されていないため、このより専門的な技術的な質問は、国内のトップ技術者が回答する必要があります。

    3. NOMOSの自動パワーリザーブが不十分です。パレットのデザインが短すぎたため、私はアリ(フォーラムの比較的有名なマスター)にこのことについて尋ねましたが、設計の欠陥と組み立て時の少しの注意が不十分なパワーリザーブを引き起こします。 NOMOSのメーカーに、これはドイツ人の態度次第であると私はすでに言っています。

 

« 上一篇下一篇 »