19
2020
05

セイコー、日本独特のアートを発表セイコーアナンタ「くま」クロノグラフ

この優れた時計は、日本の豊かな文化遺産のいくつかの異なる側面を組み合わせています。時計自体はメカニカルクロノグラフで、セイコーの有名な8R28ムーブメントを使用し、クロノグラフの正確な動作を保証するためにクラシックコラムホイールと垂直クラッチシステムを装備し、タイミングを確保するためにセイコー独自の「三叉型同期ゼロ化ハンマー」を使用していますゼロにリセットすると、ポインターは完全に同期して移動できます。このクロノグラフの特徴は、漆塗りの文字盤であり、世界的に有名な漆工芸家である田村一舟氏が、日本在住の田村氏の文字盤に真っ黒な塗装を施しました。本州西海岸にある金沢工房では、自ら手作業で研ぎます(田村氏は、伝統的な漆芸「加賀牧」の職人の称号を持っています)。文字盤が黒く塗られると、内側のリングも赤く塗られます。効果は驚くべきものです。黒い漆塗りの文字盤は夜空と同じくらい深く、赤いハイライトは鮮明なコントラストを形成し、一目で「くま」の劇的な緊張を知ることができます。 。このユニークで収集性の高い作品には、限定800点の限定版があり、各時計の背面には限られた数のシリアル番号が刻印されています。

        アナンタクーマクロノグラフ、ブラックハードコートステンレススチールケース、直径42.8 mm、田村井倉によるラッカーダイヤル、時、分、スモールセコンド、クロノグラフ、日付、8R28自動巻ムーブメント、サファイアクリスタルミラーとボトムカバー、100メートル防水、黒のハードコートステンレスチェーンベルト、800個限定。

 

« 上一篇下一篇 »