10
2020
02

OPPOはIoTプロトコルを開きます

12月19日の午後、今日のOPPO開発者会議で、OPPOの副社長であり、新興モバイル端末ビジネスユニットの社長であるLiu Boは、OPPOがIoTイネーブルメントアクションを開始し、HeyThings IoTプロトコル、HeyThings IoTサービスプラットフォーム、および音声相互接続プロトコルを開始すると発表しました。彼はまた、OPPO Watchとヘルスプラットフォームが2020年の第1四半期にリリースされることを明らかにしました。

Liu Bo氏は、IoTにおけるOPPOのビジョンは、日常生活から始まり、マルチターミナル、シナリオを超えたIoTエコシステムを構築することであると述べました。個人、家族、旅行、オフィスの4つのシナリオをカバーするコアカテゴリに焦点を当てます。

彼は、OPPOがIoTイネーブルメント運用を開始すると発表しました。まず、HeyThings IoTプロトコルを開きます。これにより、マルチプロトコルの互換性、ローカル接続、マルチブランドの相互接続を実現できます。 OPPOは、プロトコルドキュメント、SDK、およびモジュールを開いて、IoT製品へのアクセスを高速化します。

次に、製品開発、サービスのカスタマイズ、データ操作を含む、HeyThings IoTサービスプラットフォームを開きます。 2020年の第1四半期に発売されます。

最後に、オープンなオーディオ相互接続プロトコルにより、サードパーティのスマートヘッドフォンとOPPO電話の接続が可能になります。機能の最初のバッチは、クイックペアリングや電源表示など、2020年6月に開始されます。

Liu Boはまた、OPPOの最初のスマートウォッチ製品であるOPPO Watchおよびヘルスプラットフォームが2020年の第1四半期にリリースされることを明らかにしました。現在の情報から、OPPOのスマートウォッチ製品は健康サービスに焦点を合わせます。

 

« 上一篇下一篇 »