21
2020
01

時計でナイフを操作する

 

金の彫刻は伝統的な彫刻から始まり、彫刻は人間の文明の始まりから始まります。 古代では、彫刻は記録の方法として使用され、当時の人間の知恵と文明を保存していました。 ルネサンス時代、彫刻はユニークな芸術形態となり、繁栄しました。 アートホールでは、遠近感の出現により絵画が立体的かつ抽象的になろうとしても、立体的で完全な層状の感覚を表現できる彫刻のようなものはありませんでした。

彫刻の分類では、多くのスタイルが登場しました。手動のマイクロ彫刻は最も複雑な彫刻方法の1つですが、機械式時計の彫刻は手動のマイクロ彫刻に大部分が適用されます。 マイクロカービングとゴールドカービングの間に厳密な従属関係はありませんが、2つの分類方法があり、これら2つの分類の交差点は、今日話している時計のゴールドカービングプロセスです。

« 上一篇下一篇 »