31
2019
12

先進技術と伝統の技が融合した「どこにもない腕時計」を作り続けるカシオ

自社で製造体制を持つ多くの時計メーカーは、基本的に機械式時計の製造ラインも有しているもの。一方のカシオは、1974年に発売した初の腕時計「カシオトロン」以来、一貫して電子ウオッチに注力してきました。
そして、カシオウオッチの知名度は1990年代に社会現象になったG-SHOCKブームによって一気に拡大。当時は、計算機能付きの腕時計データバンクなども流行しました。

しかし、そうした爆発的なブームはやがて過ぎるもの。後に残ったのはカシオウオッチ=若者向け/ファッションという根強いイメージでした。
ちょうど機械式時計の流行時期とも重なり、カシオウオッチの業績が低迷期を迎えていた2004年、カシオは世界初のフルメタル電波ソーラークロノグラフウオッチ「オシアナス」を発売します。

すでにG-SHOCKでは「電波受信」「ソーラー駆動」「アナログ表示」が確立されていましたが、これらすべてをメタルケースで実現するために開発陣が奮闘。高効率の光発電と省電力化、高密度実装技術など、いまもカシオが得意とする技術に磨きがかけられたわけです。

オシアナスの平均価格は10万円台と当時としては高額でしたが、電波受信による高精度と質感の高い文字盤などが受け入れられ、高級電波ソーラーウオッチという新規市場を開拓することになります。

ウブロコピー、ロレックスコピー、ガガミラノスーパーコピー等ブランド時計コピー|Jpeshop777.Com腕時計屋
http://www.jpeshop777.com/
当店は3日間出荷して、主要営業のウブロコピー、ロレックスコピー、ガガミラノスーパーコピー等ブランド時計コピー、会場の10%OFFします。緊急連絡先:  bestwatch2020@163.com

« 上一篇下一篇 »