30
2019
12

海外の競合ブランドはGS独立のニュースに警戒

セイコーは、「今年からグランドセイコーが独立したブランドとなり別の高みを目指す」と、バーゼルワールドで公式発表。このニュースは、「GSが独立? どういうこと!?」と海外勢も驚くほど、高級時計界に大きな衝撃を与えていました。

この変革を象徴するのが、グランドセイコーの新ダイアル。これまであったSEIKOのロゴが消滅し、GSロゴが独り立ちするのです。ユーザー目線で見れば、5月から流通が始まった新ダイアルと、これまでのWネーム、その両方が選べる最初で最期のチャンスと言えるでしょう。

参考までに、ウオッチナビ2017冬号の巻頭特集で実施した「ウオッチナビ最強ランキング」から、GSのみを抽出したベスト10を集計しました。

 

« 上一篇下一篇 »