30
2019
09

康威凱:細数国人五類のブランド表の消費方向

 時計を買うのは簡単ではないです。あなたが個人の能力によって比較的に高い時計を買うつもりなら、いつも前後を考えます。本編では、この5つの主要な状況をまとめて「唯表論」といい、現在の広大な国名表消費の全体的な方向性がほぼ反映されています。表を買う前に本編で自己テストをしてもいいです。唯何論がありますか?
これは人々の普遍的な心理状态で、自分で买ったものが完璧であることを望んでいます。そしてこの完璧な状态はもっと长く続けばいいです。哲学的には完璧なものは存在しない。まさに「水が満ればあふれ、月が満れば損をする」ということです。本当に完璧な時計はないです。世の中には完璧に近い時計しかありません。どの時計店でもまだ売られていない時計は、目を凝らしてみても、いくつかの「瑕疵」を見つけることができます。時計の魅力です。時計の針は正確にゼロに戻りますか?数字はカレンダーの窓の真ん中に現れていますか?ワニの皮の時計のバンドは時計店のカウンターで明かりを発射して長期にわたりあぶって斑点が残っていますか?表の底のふたとセットのねじの上で組み立ての時残したかすかな傷がありますか?

« 上一篇下一篇 »