06
2019
09

愛は一緒にいることです。恋人の腕時計です。

 十月は一年の中で一番美しい月の一つです。多くの人は十月に結婚し、愛の殿堂に行きます。この過程で、私達はいくつかのものを選んでこの人生の重要な瞬間を記念します。指輪より腕時計のほうが日常に適しています。時間だけでなく、相手が常にそばにいることも感じられます。美しい度のベレンのセリのシリーズの腕時計は多くの人の好きな経典の腕時計で、その中のバラの金のめっきは更にあたたかくて人を感動させて、多くの時計の友達の愛情の信憑性を目撃することになります。
結婚はダイヤモンドの指輪を選んで、それらを薬指の上でつけて、愛し合うのが恒久であることを表していて、互いに最も親密で、腕時計は双方の愛が時間の祝福を得ることを意味して、ずっと幸せになることができます。美度ベレンセリーシリーズは経典の象徴として、時間の試練を恐れないで、霊感はミラノのイマンニュール二世アーケードから源を発して、古典建築の内在する意向を腕時計によって設計して、経典の魅力を屈折します。
愛は利己的かもしれませんが、結婚には双方の無私な信頼、包容と配慮が必要です。例えば、美度ベルンサリーシリーズのカップルリストのように、お互いに暗黙の了解があります。

« 上一篇下一篇 »