27
2019
08

「グランドセイコーには、絶対的な信頼感、安心感がある」竹野内豊

「ヴィンテージウォッチは、見ていて飽きない。でも手巻きなので、気づくと止まってしまう。その点、グランドセイコーの時計は何日使っていてもほとんど誤差がないので安心できます」

あるとき、偶然雑誌で、ヴィンテージウォッチを目にして、憧れを抱くようになったという。

「時計だけでなく、ファッションなどのデザインやクオリティは、1920年代から50年代頃が至高。このころにすべてが完成されていて、普遍性をもったものが多いと思います。だからか、どうしてもその当時の時計に心が惹かれてしまうんでしょうね」

寡黙なイメージの俳優・竹野内豊だったが、時計の魅力を語る姿は、そのイメージを覆すものだった。

 

« 上一篇下一篇 »