21
2019
08

腕時計に使用されたミネルバの初代キャリバー17.29をベースにおり

 

また、オリジナルと同じく、50 mmと一般より大きめなサイズのケースはサテン仕上げのチタン製、フランク部分にはローレット加工とDLCコーティング加工が施されており、こちらも数字上のサイズ感とは異なり、自然と腕に収まる仕上げとなっている。このモデルは、腕時計、ポケットウォッチ、ダッシュボードクロックと様々な使い方ができ、多様な時の楽しみ方が味わえるところも魅力的だ。ストラップのアタッチメントをケースの下に畳み込み、ケースを180°(3時から9時へ)回転させるだけで懐中時計になる。懐中時計はケースの下に2本の脚が付いているのでテーブルに置くことも、安全なハンドル代わりのストラップが付いたストップウォッチとして使用することもできる。さらには、レザーで覆ったメタルのプレートにはめて愛車のダッシュボードに取り付けることも可能なのだ。タイムピースを裏返してもこだわりのディテールは続き、車のグリルの形をしたケースバックから、美しいマニュファクチュールの手巻きモノプッシャークロノグラフキャリバーMB M16.29が見える。このキャリバーは、1930年代に開発され、懐中時計や腕時計に使用されたミネルバの初代キャリバー17.29をベースにおり、そのマルチユース性や随所に施された100年の時の重みを細部にわたるまで味わうことができる点など、持ち主の満足感をあらゆる角度から刺激し続けてくれる逸品であることは間違いない。

そんな今年のモンブランの魂とクロノグラフとデュアルタイムのコンプリケーションを備え、力強くマスキュリンなデザインに実用的な機能性を融合した新作が「モンブラン タイムウォーカー クロノグラフUTC」である。半スケルトン構造のラグが特徴的で、ブラックDLCやブラックセラミック、ブラックラバーなどのハイテク素材をミックスした大胆な43mmのケースに、セラミック製の一方向にしか回転しないブラックのベゼルを纏い、力強くコンテンポラリーなルックに仕上げられている。側面には溝を刻み、滑りにくくするとともに、シルバーがかったホワイトで24時間の目盛りを刻み、視認性と機能性を向上させた。クラシックなレーシングカーのガソリンタンクのキャップのデザインにインスパイアされた、ブラックDLCのリューズおよびプッシャーにも溝の装飾を刻んでいる。

ロレックススーパーコピー時計等のブランド時計コピーを販売しています。弊店はNOOB自社製のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定しています。ロレックスコピー時計はご注文から1週間でお届け致します。連絡先:050-4560-1404。
« 上一篇下一篇 »