20
2019
08

特許取得のストップセコンド搭載トウールビョンの特徴

一般的にストップセコンド機能が付いたガガミラノスーパーコピー腕時計はよくあります。でも、トウールビョンに搭載されることは長年 ありませんでした。理由は、常に回転するトウールビョンケージ内のテンプを止めることは技術的に不可能とされていたからです。しかしA.ランゲ&ゾーネは不可能を可能にしました。 リューズを引くと‘‘ハックレバー“ と呼ばれるV 字型のバネを携えたレバーが作動しますo V を構成する2 つのアームの一方がケージの3 つの支柱のひとつに接触、もう1 つのアームがテンプに接触し、トクールビョンの回転を停止させます。さらに、r1815 トウールビョン」ではストップセコンド機構のハックレバーがゼロリセット機構と連結して、トウールビョンケージの停止とあわせて秒針がクロノグラフのように瞬時にゼロ位置に戻ります。これによって、 秒単位での時刻合わせが容易になります。 

« 上一篇下一篇 »