14
2019
08

王妃もブレゲも亡くなった後に完成した「NO.160」

1747年、スイスのヌシャテルで生まれたアブラアン-ルイ・ブレゲは、母親の再婚相手が時計師だったことが縁で、一般の学校 を退学し、15歳でパリ・ヴェルサイユの時計職人に弟子入りします。

めきめきと力をつけていったブレゲは、1775年にブルジョワ出身のセシルと結婚。その持参金をもとに、時計工房が集まるシテ島に工房を開きます。そして最初に成し遂げた偉業が、自動巻き機構「ペルペチュエル」の実用化でした。

ブレゲの名は一躍世に広まり、フランス王ルイ16世や王妃マリー・アントワネットにも謁見。ゴング式リピーターを開発して納めると、美しい音色が王妃を魅了し、新たな懐中時計の注文を受けます。

「いろんな複雑機構がいっぱい詰まった、どの時計よりも美しい懐中時計を私に作っておくれ。お金も納期も気にしなくていいから」。こうしてブレゲのライフワークとなる「NO.160」の開発がスタートしました。のちに「マリー・アントワ ネット」と呼ばれる超複雑時計です。

2019最高級Nランクのウブロスーパーコピー通販です。当店のウブロコピーは、工場直売ですので、御売価格にて高品質な商品を御提供致しております。お問合せは担当 細田。https://www.noob2016.com/  

« 上一篇下一篇 »