21
2019
05

市民はISUフィギュアスケート競技を後援し続けます

2016年12月8日、国際スケート連盟(ISU)は日本の東京で5つの主要フィギュアスケートイベントを開催し、市民は再び公式スポンサーになりました。今シーズンのスポンサードコンテストは、フランスのマルセイユで開催される2016/2017 ISUフィギュアスケートグランプリファイナル(2016年11月8日)からフィンランドのヘルシンキで開催されるISU世界フィギュアスケート選手権(2017年3月29日)で始まります。 4月2日まで)


1982年にISUフィギュアスケート国際競争のスポンサーになって以来、市民のISUとの協力は34年間続けられています。 フランクミュラーコピーISUは国際オリンピック委員会の公認協会であり、フィギュアスケートとスピードスケートのためのイベントの管理に責任があります。今年のコンペティションでは、オリンピックチャンピオンやメダル獲得者、ヨーロッパ選手権、ユースグループヨーロッパ選手権など、世界のトップスケーターが集まります。 2017年の世界選手権は、2018年冬季オリンピックで各国の参加者数を大きく左右するため、フラワースリップのイベントで最も重要なイベントとなります。多くのトップスケート選手がヘルシンキを見据えて、元オリンピックの輝かしい功績を取り戻すことを期待しています。


スペインのフラワースケート選手、ハビエル・フェルナンデスは次のように述べています。「これから開催されるISU世界選手権に興奮しています。マルセイユ、オストラバ、ヘルシンキでの大会を楽しみにしています。」欧州チャンピオンシップチャンピオンの「2016/2017年シーズンは特に重要です。韓国での次の冬季オリンピックは私たちからわずか15か月しか離れないからです。」


アメリカのアイスダンサー、渋谷マヤとアレックス渋谷は言った。「我々は新しいプログラムに非常に満足しています。2016/2017年シーズンでは、ISUチャンピオンシップとグランプリファイナルに参加する機会をとても楽しみにしています。これは、韓国冬季オリンピックの前の最後のシーズンだからである。」渋谷兄弟は今年、アメリカのアイスダンス選手権で優勝し、四大陸はスケート選手権で優勝し、今年のフィギュアスケート世界選手権で銀メダルを獲得した。


« 上一篇下一篇 »