20
2019
05

アップルのスマートウォッチ第4四半期の出荷台数は安定を維持

市場調査会社Strategy Analyticsの最新レポートによると、昨年の第4四半期の世界的スマートウォッチは、2015年第4四半期の810万台から2016年の第4四半期の820万台まで、わずか1%の増加でした。 Apple Watchのスマートウォッチは依然として優勢で63%を占め、Samsungのスマートウォッチは2番目にランクされています。



Strategy Analyticsのアナリストは、2016年第4四半期にAppleが520万台のスマートウォッチを出荷し、2015年第4四半期から2%増の新記録を達成すると予測しています。 これは、Apple Watch IIの売上がクリスマスの買い物シーズン中に好調であるためと言われています。




しかし、サムスンのスマートウォッチは昨年の第4四半期に80万台しか出荷せず、前年同期の130万台から38%減少した。 これは、Samsungが第4四半期後半に新しいGear S3スマートウォッチを販売し、消費者の購入を遅らせたことによると思われ、新製品のアクションが今四半期に反映されると予想されます。


全体的に見て、AppleとSamsungはスマートウォッチ市場の4分の3のシェアを占めており、彼らは一時的にライバルのGarmin、Fitbit、Huaweiを置き去りにしている。


« 上一篇下一篇 »