15
2019
04

スウォッチグループは東京の新銀座のランドマークを作っています。

この建物は珍しいアイデアと自然景観に溢れているNicolas G.Hayek Centerには7つの名品店、修理センター、従業員のオフィスエリア、空中花園及び展示空間などが含まれています。この7つの名品店は、ブライトリングコピー珠玉(BREGUET)、プラチナ(BLANCPAIN)、ゲーラ・ソーティ(GLAH FUNT TTE ORIGINAL)、JAQUEST-DROZ、レonHATOT、オメガ(OMEGA)、SWAATCHの7つの逸品店が地下室、2階から4階にそれぞれあります。名品店のフロアの上には、修理センターとして三つの階が計画されています。日本のSwatch Groupのオフィスもこの商業ビルの中にあります。第14階はブランドと大衆のインタラクティブな空間です。例えば、展示、コンサート、記者会見などが行われます。この商業ビルの1階は前後の通りを結ぶチャンネルで、7つのブランドの展示エリアを同時に設置しています。通行人は任意のブランドの逸品を見学することができます。この商業ビルには水圧式エレベーターという特殊な設計があります。このエレベーターは各ブランドの展示エリアに設置されています。このブランドの商品をたくさん見たいです。エレベーターのボタンを押すだけで、浮遊するように簡単にこのブランドのお店に訪問することができます。訪問客をエレベーターで運び、1階のガラス展示場から指定の名品店を訪れる。お客様もビルの中央に設けられたエレベーターで各階を回ることができます。

« 上一篇下一篇 »