11
2019
04

宝パー表成都鑑賞会は明日にも光り輝いて登場します。

明日、宝のパースは成都のヘンドリの時計の眼鏡会社でその一週間の大型巡回展を展開します。4月11日、スイスのポパーは昆明で「乾坤の作品、輝かしく紫禁城」の鑑賞会を開催しました。ブランド側の要請を受けて、本紙記者は事前に宝の乾坤カロチンという神秘的な色彩を持つ特製腕時計の伝奇的な魅力を感じました。

「宝パー乾坤カロ」腕時計は中華と故宮の文化の特徴を結び付けて、1年をかけて注文して作られました。この腕時計の文字盤は「中華太極」を中心に、陰陽と時刻を融合させ、腕時計の裏には「1735」、「乾隆」、「BLANCPAIN」という文字が刻まれています。聞くところによると、今回のスイスの宝のパースの故宮の腕時計は活動を引き継いで、宝のパースを故宮博物院の建築院にならせて以来初めて収集した現代の腕時計です。


« 上一篇下一篇 »