22
2019
03

宇舶新表:三問、8日のチェーン、ドクロの頭

宇舶というブランドは、新商品が発表された大戸で、これまでに伝えたワールドカップ記念版として、フェラーリの新表、そしてジュネーヴ表展の時期に発表された複数の新表を発表したほか、今回のバーゼル展示会では新たな新表が登場しました。まず、宇渡航の陀飛輪三問表を見てみましょう。

2年を開発して、HUB 8700の自産機のコアを使用して、2010年の米国の舶来を全面的に更新しました。319個の部品を使用して、サイズは45ミリ、特許の「王金」の材質は、クラシックFeionという古典の殻型を使用して、ドッカの枠の直径は13.6ミリで、1分で1週間回転する。これは、宇舶来の自産機コア工場を構築して初めて複雑な製表に挑戦した。

このCassc FUionは8日の動力備蓄手動の上弦腕時計、45ミリの直径、わずか4.4ミリの厚さで、超薄型の分野第一グループの製品です。209個の部品、33粒の宝石を使用しています。太陽のサテンの処理の黒色の表盤は優雅で深くて、ブランドの特許の王金の材質やチタン合金を組み合わせて、とても美しいです。


« 上一篇下一篇 »