15
2019
03

日本は石英表しか作っていないと言うが、機械表にむせても2日ではない

精工は世界でリードしている石英腕時計メーカーとして知られ、毎年のバーゼル国際時計ジュエリー展には、不慣れな表現があった。今回発表されたのは、世界で最も小さいツンカーを持っていたといわれています。そして、世界同時発売のニュースを発表し、お得な価格で機械腕時計を製造し、自動機械腕時計が見込まれている。展示されている60枚の腕時計は、500ヨーロッパから2600ヨーロッパまでの価格です。その中には、2枚限定の自動ブレスレットを含め、今年はアメリカで発売される可能性があります。日本でも良質の機械腕時計を作ることができます。これは、近い将来、日本産の機械腕時計が市場に大量に流れ込むように見えるかもしれない。

特に今回の新製品の登場では、精工の新造表水準に対する注目の高さを併せてブランドの雄志を示す。「雄心の雄志」よりも、編集者が「野心」という言葉が強く、石英の嵐以来、日本の腕時計は精工のもとで止まっていない。報道官は「今日の精工は石英表で知られている。これを覆す固有のイメージを覆す」と発表した。「大量生産自動機械腕時計は、世界の造作業の有力な競争になる」。いやだ。

精工の目的は普及度を高めるために、新しい工芸機械の腕時計を独自に開発し、サファイアクリスタルガラスの時計鏡と100メートル防水機能を組み合わせている。60周年記念日に発行された初の自動機械腕時計、マグニックスステンレスの表殻には、星柱輪、垂直交鎖装置、特許一体式三叉ハンマーを搭載した8 R 48の機軸を搭載している。1913年に誕生したLarrelシリーズでは、白エナメルプレート(2300ドル)を採用したほか、黒の漆芸表盤(2600ドル)を使用しており、1金当たり1 , 000枚限定で16900元となっている。


« 上一篇下一篇 »