15
2019
03

中日富二代腕時計大比添え:思聴旦那がこうわかっている

最近、小編みの友人の輪には、岡山さん(元口翔太)という名の富の二代目にブラシが入ってきました。1994年生まれの島国である騒年生活はある程度贅沢になったということです。この少年は、ネットユーザーに「島国の王思聴」と呼ばれていたが、小編集は、夫はまだ低調の良い青年だったという。そのために、小編集は本職の仕事を出発することにしました。この2位の富二代は何の時計をつけたことがありますか。

まず、この「島国王思聴」にどんな装備があるかを見てみましょう。手を出すと、小編はすでに土豪の金光に目をかざしていた。それが伝説の「金労」だったのか。小編の目測と専門家の鑑定で、騒年翔太の金光の腕時計は「争議」の「金労」だったはずだ。「金労」というのは簡単に言えば、黄金を通じているロレックスというのが、ロレックスのカレンダーの価格が20 - 30万の間であるかもしれない。

乱年の翔太は、ビルドバングが大好きで、キラキラした腕時計。これは、自主ブランドのグラムランムラーからのカスタマイズを直感的に見ることができますが、この時計はドリルが不足していて、まだ表盤をくぐるようにしなければなりません。これによると、これをカスタマイズしたフランスのムラー腕時計は約400万円で、人民元に換算して26万円程度(価格もいいでしょう)。


« 上一篇下一篇 »