11
2018
07

ロレックスの新しい時計の保証期間は2年から5年近くまで増加して2年になってすでに1年増加します

これまで広く知られていたロックX(ロレックス)が、保修期の年数を高めるという噂が、このほど明らかになった。ロレックスは、2015年7月1日から、業界の通常の2年から5年にわたって、2013年7月1日から2015年6月30日までの間に購入したロレックス、保証期間を1年増加しても3年になることがわかった。お金がなくても本気でロレックスが好きなので、急いでお得に行ってお勧めして買ってもいいですよ!

よく考えてみると、このニュースの核心はすべて一つの事であり、その上1件のみんながよく知っていることです。2015年にバーゼルの時計展にロレックスが発売した新しい世代の機軸が355です。ロレックスの古典的な3900の機軸は32 55にアップグレードして、ベアリングはボール式に変わって、ロレックスの自産の潤滑剤と防水技術を加えて、5年以内に修理する必要はありません。しかし、355の生産能力はまだ不安定なので、減産も必然的です。これにより、ロレックスが40 %の減産を目指すという噂もあり、年間80万元が歴史に輝いているようだ。

これ以上のことで、爆発的にもロレックスの値上げはトレンドになると考えています。同時に、ロレックスの業界内での長兄の地位によって、この一連の行為は、同じ等級のオメガ、万国、起伏の海などのブランドに大きな心理的な衝撃と後期の市場の波動をもたらします。最高級の時計市場の行方はどうなるかというと、後市のさらなる観察が必要である。


« 上一篇下一篇 »