14
2018
05

ロロンサ・ヴィーズスは万宝竜双炭素コーティング腕時計で、第73回ベニス映画祭「愛楽の城」の封切られた。

第73回ベニス国際映画祭はイタリアベニスで盛大に開幕し、有名な映画監督洛伦佐・ラスベガス(Lorenzo Vigas)今回の映画祭審査員として着用モンブラン時間行者シリーズ双炭素コーティング腕時計デビュー映画『フィルの城」(ララランド)の初日舞台あいさつ。

ベネズエラ生まれのラスベガスは20世纪のきゅうじゅう年代ニューヨーク大学学習の映画制作には、既ににじゅう年近くのドキュメンタリー、短編映画やCM撮影経験。2015年、ラスベガスでの初の長編作品『遠くから」(From Afar)獲得第72回ベニス国際映画祭のメインコンペユニットの金獅子賞。今年、選考委員会のメンバーとしてのラスベガス再び荣归ベニス。初日舞台あいさつ当日、ラスベガスダークスーツに黒のネクタイ、腕の間に装着モンブラン時間行者シリーズ双炭素コーティング腕時計、気位非凡。モンブラン時間行者シリーズ双炭素コーティング腕時計を持って精緻な質感と巧みな色調。深い黒いケース、文字盤とバンドを豊かにし、一気に時代色味も見せ、科学技術、指先に伝統工芸至臻モンブランタブと卓越した品質怠らなく求める。


« 上一篇下一篇 »